足の臭いの原因と予防対策方法

足の臭いの原因とは?

足の臭いの根本的な原因は、細菌、角質、汗(ムレ)の3つで、最大の原因は蒸れ(ムレ)です。
足の臭いは足の棲む細菌やカビが足の角質や垢をエサとして繁殖して発生します。
足の裏は細菌のエサとなる角質が豊富で、細菌が繁殖しやすい高温多湿の条件となる汗をかきやすい場所になります。
さらに、靴や靴下を履くと、汗で余計にムレてますます細菌が繁殖しやすくなります。
汗は本来、臭わないものですが、汗を放置しておくことで、皮膚の細菌が臭いの原因である脂肪酸へと変化させます。

足の裏には胸や背中の5~10倍の密度で汗腺が集中していて、一日に約コップ一杯分もの汗をかくと言われています。同時に、足にかく汗は気温の変化でかく「温熱性発汗」だけではなく、緊張したときにかく「精神性発汗」もしやすい場所なのです。
また、足の裏は身体のどこよりも皮膚の角質層が厚く、新陳代謝や摩擦などで剥がれ落ちて、大量の垢(アカ)となります。
細菌はこの垢を栄養分して繁殖しますが、皮脂腺からの分泌物と混ざることで、余計に臭いが強くなってしまいます。
足の汗は角質をやわらかく湿潤化して、やわらなくなった角質層は細菌が棲みやすい環境になる上に、靴を長時間履いていると汗が蒸発して高温多湿となり、さらに細菌が繁殖して臭いが強くなります。
さらに蒸れた角質層は、剥がれやすくなって多量の垢になります。垢は常在菌の栄養になり、さらに臭いが強くなるといった悪循環になるのです。

このように臭いの悪循環に陥りやすい私たちの足は、季節を問わずケアすることが大切です。
足の臭いは、足と靴や靴下などの履き物との相互作用による悪循環から発生するもので、の臭い対策は足そのものだけではなく、履き物の臭い対策も同時に必要となるのです。

 

足の独特な臭いの正体

足の臭いはワキガの臭いに匹敵するほど強烈なものですが、ワキガの臭いの原因となるアポクリン汗腺はありません。
足の臭いの元となっているのは、アンモニア、酢酸をはじめとした物質で、特に足独特の臭いは「イソ吉草酸(きっそうさん)」という脂肪酸が主となっています。
イソ吉草酸は微量でも強い臭いを発し、しかも一度発生するとなかなか臭いがなくならないというやっかいものです。
イソ吉草酸の分泌量は遺伝的な要素が強いといわれ、汗にイソ吉草酸が多く含まれる体質の人ほど足の臭いが強いといわれています。
しかし、イソ吉草酸の分泌量が少ないからといって安心はできません。
イソ吉草酸は日々の入浴やケアでしっかり洗い落とせていないと角質層に定着していき、定着した臭いは足の表面をサッと洗った程度では取れなくなります。
普段のケアでしっかりと足を洗って清潔にし、イソ吉草酸を角質層に定着させないことが大切です。

 

足の臭いの予防対策方法

足の臭いの原因は角質が垢となって足にこびりつくことが大きな原因のため、足を清潔にすることが第一です。
ただし、ストレスからくる精神性発汗の場合は足の臭いが強くなりやすく、さらに足がムレることで雑菌が繁殖して臭いも増します。
精神性発汗の場合は、まずストレスの原因を突き止めて、精神的な負担を減らすようにしましょう。

 

足(素足)の臭い対策

まめに爪を切ることや清潔な足を維持することが大切です。
皮膚の雑菌は酸性が苦手なため、食酢や木酢液を入れた足湯が効果的です。
バケツなどに40度以上のお湯を七分目まで注ぎ、そこに食酢や木酢液をコップ1杯加えます。
足を10~15分ほどつけると、酢の殺菌効果により、雑菌の繁殖が抑えられ足の臭いも軽減されます。

 

靴の臭い対策

足の臭い大きな原因はズバリ靴にあります。
足は体の中でも汗腺が集中していて、緊張したりすると汗をかきやすい場所です。
手のひらも同じように汗をかきやすい場所ですが、常に外気にふれているため、蒸れることがなく臭いは発生しにくい状況にあります。
しかし、足は常に靴下や靴で密閉されているため、汗がこもり靴の中は高温多湿となり、雑菌が繁殖しやすくニオイ物質を作り出しやすい環境となっています。

足と靴(履き物)は細菌や臭い分子を相互にやりとりしているため、足と靴のセットでケアする必要があります。
靴の臭い対策が大切な理由は、臭いだけではなく、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)の予防にもなることです。
白癬菌が皮膚の角質層に寄生することによって、水虫となってしまいます。
足の臭いが強い場合には、白癬菌を疑う必要があります。白癬菌が爪の中まで入ると、さらに臭いが強くなります。
白癬菌の予防には、同じ靴を履き続けないこと、乾燥・除菌した靴を履くことが大切です。

帰宅して脱いだばかりの靴には汗や湿気が充満しているため、すぐに靴箱にしまうと、細菌が急激に繁殖して強いニオイを放ちます。
従って、帰宅してから脱いだ靴は、通気性の良いところで数時間乾かしてから靴箱に入れるのがよいでしょう。
また、同じ靴を毎日履かずに、3日に1回、少なくとも2日に1回のローテーションで毎日履き替えるようにし、履いていない靴は陰干しし、靴の中に乾燥剤を入れて除湿すると効果的です。乾燥剤が無ければ、使用済みの使い捨てカイロやお菓子の乾燥剤、新聞紙でも除湿と消臭効果があります。
靴専用の消臭剤や除菌剤、消臭作用のあるインソールも販売されていますので、これらを有効に使うと、靴だけではなく足の臭い対策にもなります。

靴、特にブーツを選ぶときに、ゆったりと履きたいためか自分の足のサイズより少し大きめのサイズを購入する人がいますが、靴のサイズは大きすぎても小さすぎても緊張して汗をかきやすくなりますので、足にフィットしたサイズを選ぶようにしましょう。

足の臭い対策グッズ人気商品比較

 

 

Pocket
LINEで送る