頭(頭皮)の臭いの原因と予防対策方法

頭の臭いの原因とは?

頭の臭い(頭皮の臭い)には、大きく分けて2種類あります。
1つは、髪の毛が周囲の臭いを吸い込んで発生する「頭髪臭」です。例えば、タバコや排気ガス、料理などの臭いですね。
もう1つは、皮膚炎やフケ、皮脂などによって細菌が繁殖して発生する「頭皮臭」です。
髪の毛そのものはキューティクルで覆われているため、臭いが発生することはありませんが、髪の毛は空中に浮遊するニオイ分子や自分の頭皮から発生する臭いを吸収・吸着してしまいます。
このように、髪の毛には髪の外側と内側(頭皮)の両方からの臭いが集まり凝縮してしまいますので、頭のニオイケアも容易ではありません。

頭のニオイケアといえばまずは洗髪ですが、頭を洗いすぎると逆に臭いが強くなることがありますので、くれぐれも洗い過ぎやこすり過ぎには注意が必要です。

頭の洗いすぎによる髪への影響

髪はウロコ状のキューティクルに覆われて、髪の毛全体をコーティングするように守られていますので、健康な髪であればクシでブラッシングするだけでも臭いは落とせます。
ところが質の悪いシャンプーを使っていたり、頻繁に洗髪をしすぎると枝毛や切れ毛ができ、その部分にニオイ分子が付着して凝縮したり細菌が入り込んで、逆に臭いが強くなってしまうことがあります。
また、ドライヤーやヘアアイロンなど、髪に高熱をあてすぎると、キューティクルが熱融解してさらに傷付きやすくなります。

若い人たちに多い朝シャンプー「朝シャン」ですが、頭の臭いのことを考えれば却ってマイナス効果です。
ニオイ分子は水溶性のため、朝シャンのように髪をしっかり乾かす時間が無く髪が半乾きの状態になっていると、余計に臭いが髪に吸着しやすくなります。
朝シャンをしないと髪がまとまらないなど、どうしても朝シャンの必要性があるのであれば、髪をしっかりと乾かすようにしましょう。 ただし、ドライヤーで一気に強い熱で乾かすとキューティクルが壊れ、髪そのものを傷めてしまいますので、ゆっくり優しく乾かすようにしましょう。

頭の洗いすぎによる頭皮への影響

洗髪のしすぎによる弊害は髪の毛だけではなく、頭皮にも影響します。
頭を洗い過ぎることで頭皮の皮脂も洗い流しすぎてしまうと、不足した皮脂を補おうと、より多くの皮脂が分泌されて臭いが強くなることがあります。
また、皮脂は皮脂膜を形成して頭皮の潤いを保ち、「真菌」というどんな人の頭皮にも存在する常在菌の住み家となっていますが、皮脂を洗い流し過ぎることで常在菌が減少して、より強い菌が繁殖し強い臭いの原因となることもあります。

 

フケは頭の臭いの原因

フケは頭皮の角質細胞で、体の垢(あか)同様に古くなると剥がれて落ちてきます。
フケが出ること自体は生理的な現象で何の問題もありませんが、異常にフケが多いと、服に付いて不潔に見えるなど悪い印象を与えるばかりでは無く、頭の臭いの原因にもなります。
フケは細菌のエサになり、臭いを強くする原因となりますので、頭のニオイケアにはフケ予防もかかせません。
フケが多くかゆみを伴うような人は、いわゆる「フケ症」と呼ばれるもので、フケ症の原因は洗髪をしっかりせず不衛生になっていることの他に、ストレス過多や睡眠不足、ビタミン不足、食生活の乱れなどの複合的な要因で起こりますが、フケ症には真菌というカビの一種が関係していることもわかっています。
真菌は脂分が大好物なため、皮脂の分泌が活発な脂性の人の頭皮に多く存在します。脂性以外の人でも、ストレスなどによって皮脂の分泌が増加すると真菌は繁殖しやすくなります。
普段よりフケが多いと感じる場合には、少し生活環境を見直してみるといいでしょう。
ストレスを減らし、十分な睡眠とビタミン類(特にビタミンB群)をとり、皮脂の分泌を整えることが大切です。
もし、生活環境における原因が見当たらない場合は、脂漏性皮膚炎や汗疹(あせも)などの皮膚病が原因の場合がありますので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。脂漏性皮膚炎を放っておくと、毛穴に皮脂が詰まって抜毛が増え、脱毛の原因にもなりかねません。

 

脂漏性皮膚炎が頭皮の臭いを強くする

脂漏性皮膚炎は、皮膚の常在菌が繁殖して炎症を起こした症状で、頭皮など皮脂の多いところになりやすい病気であり、また頭皮の臭いの原因ともなっています。
脂漏性皮膚炎は中高年の男性に多くみられますので、「オヤジの頭は臭い」と言われるのはこれが原因のひとつかも知れません。
脂漏性皮膚炎は皮膚科で診てもらえば、皮膚炎に効果的な抗真菌剤を処方してくれますので、フケが多くてかゆみを伴う場合には、すぐに受診するようにしましょう。どうしても時間が取れない方は、睡眠を十分にとり、ビタミンB群をしっかり摂取するなど、生活環境を整えるようにしましょう。

オススメの玉(頭皮)の臭いケアをみる

 

Pocket
LINEで送る