便臭・オナラ臭の原因と予防対策方法

便臭・オナラ臭の原因とは?

腸内にはビフィズス菌などの、人間の体に都合よく働く善玉菌と大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌がいますが、便臭やオナラ臭の原因は、この悪玉菌なのです。
便は食べ物が胃や腸で消化して吸収されたあとの言わば残りカスですので、多少の臭いがあるのは当然のことですが、腸内でまだ吸収されていないたんぱく質や脂質を、悪玉菌などの腸内細菌が分解したり発酵させて腐敗物にするため、嫌な臭いが発生するのです。
この嫌なニオイ物質には、インドール、スカトール、硫化水素、トリメチルアミン、メチルメルカプタンなどがあります。これらはすべて毒性のある物質で、特にウエルシュ菌などの悪玉菌によって産生されます。
しかもこの嫌な臭いの成分は、発ガン性物質になるなどの体に悪い影響を与えますので、嫌な臭いをやわらげて腸内から健康にする必要があります。

悪玉菌を増やす原因は、他にも食べ物の好き嫌いや偏った食生活などで栄養バランスが崩れたり、食事時間が不規則など食生活の乱れも善玉菌を減らし悪玉菌を増やす誘引となります。
また、肉中心の食生活は、肉は悪玉菌の大好物ですので、ますます悪玉菌を増やしてしまうことになります。
食生活で言えばこれだけではありません。食べ方によっても臭いの原因になってしまいます。
食べ物をよく噛まずに飲み込んでしまう人は、胃や腸で十分に消化されないため、食べたものが腸で腐敗しやすくなってしまいます。

さらに、便臭やオナラ臭はストレスが影響することもあります。
ストレスを受けると胃で分泌される消化酵素であるペプシンの分泌が低下して消化不良となり、食べ物が腸内に残りやすく、異常発酵の原因となり、下痢気味となったり便秘気味となったりします。そうなると食べたものの腐敗が進んで、悪臭が強くなってしまいます。
また、ストレスがあると腸の炎症や過敏性腸症候群を起こしやすく、同時に臭いの原因となりますので、異常に便臭が強いと感じた場合は、医師に相談することをお勧めします。

便臭、オナラ臭の原因としてもうひとつ、腸の汚れがあります。
腸内は腸内細菌のフローラをつくり、善玉菌が優位のときは、主に炭水化物を分解し、悪玉菌が優位の場合には主にたんぱく質を分解する傾向があります。
炭水化物が分解されても、二酸化炭素やメタンなど、臭いの少ない便やオナラとなりますが、たんぱく質が多く分解されると、硫化水素のような臭いの強いオナラとなります。
このように、便臭やオナラ臭を予防・改善するためには、腸内環境を整える食事やストレス軽減など、生活環境まで見直す必要があるのです。

便臭・オナラ臭対策をみる

 

便が臭くなる3つの原因を解説

便の臭いは、腐敗物から体を守るための信号です。
会社でも学校でも誰かの後に入るとトイレの中が臭いことがありますよね。便の元になっている食べ物にはいろいろな臭いが含まれていますから、便は臭いがして当然ですね。
でも便そのものが臭う訳ではなく、食べ物のタンパク質が分解されて、アンモニア等の臭い物質が発生して、これが便の臭いになっています。
便の臭いがあるから、体の調子が分かるということもあります。排泄物がそのまま、腐敗物ということではありませんが、便の臭いがきつくなると、腐敗物になってきたという危険信号にも捉えることができます。

便やオナラが臭くなる原因として、「ストレス」、「腸の汚れ」、「咀嚼不足」があります。
ひとつずつ、解説してきましょう。

「ストレス」

ストレスですが、胃に送られた食べ物は胃酸によって消化されますが、ストレスがあるとこの胃酸の分泌が上手く機能しない場合があります。食べ物が胃に入ったのに分泌されないと胃の調子が悪くなります。
また、胃で充分に消化が出来ずに腸に入ってくると、食べ物が上手く流れて行かずに停滞するようになり、その結果、便秘となり腐敗が進行して悪臭が強くなるという訳です。

「腸の汚れも臭いの原因」

健康な人でも大腸には細菌が住みついていて、人体にかかせない善玉菌(ビフィズス菌等)が人体に有害な悪玉菌の繁殖を抑えて腸内のバランスと整てていますが、その善玉菌が少なくなると悪玉菌が多くなって未消化の食べ物を分解して有害物質を作り出し、それが便となって出て悪臭がでます。
腸内の汚れは、便に臭いを持たせるだけでなく、血圧を変動させたり、白血球の動きを妨害したりして、大きな影響を与えます。
40代を過ぎたところから、腸内の汚れは進んでいきますので、便の臭いは健康であるかどうかの指標になります。
毎朝、トイレに行く際に便臭をみて、臭ってくるようでしたら生活環境を改善していく必要があります。

「咀嚼不足も便の臭いがする原因」

咀嚼(そしゃく)不足とは、食べ物をよく噛まずに飲み込むことです。食べ物はきちんと消化されて吸収されます。消化ができていない食べ物を体内に送り込むと腐敗の原因になります。
しっかりと消化させるためには、よく食べ物を噛んで飲み込むことです。
唾液に含まれているアミラーゼやリパーゼなどの酵素が消化を促進するだけでなく、口内の雑菌を殺して口臭予防にもつながります。

 

便臭・オナラ臭の予防対策方法

腸内を健康にする一番手軽な方法は、ヨーグルトなどの乳酸菌を摂り、善玉菌であるビフィズス菌を直接補給することです。ただし、「ヨーグルト」の場合は、胃で分泌されるペプシンによってビフィズス菌がほとんど殺されてしまうため、大腸までに届くのはほんの少量になってしまい、毎日欠かさずに食べ続ける必要がありますので注意してください。
また、せっかく摂取したビフィズス菌を元気に育てるために、オリゴ糖を多く含む食品も摂取しましょう。例えば、大豆、ごぼう、たまねぎ、アスパラガスがお勧めです。
さらに、悪玉菌を除去してくれる食物繊維もしっかり摂ることを忘れずに!

便臭・オナラ臭対策をみる

 

 

Pocket
LINEで送る