ワキガにデオドラント製品は有効か!?

自分の臭いがワキガと気付かない人やワキガの予防対策の知識が曖昧な人に、香水で何とかしようとする人がいます。
ワキガの臭いが強い場合は、かなりの強い香りを選択したり多くの量を使う必要がありますので、たとえ香水でワキガの臭いがごまかせても、香水への苦情があることでしょう。
特に男性の場合は、ビジネスでも日常でもごく少量にして控えめな香りが求められますね。女性の場合はある程度は許されるかと思いますが、それでもやはり良い印象ではありません。
また、実際にはワキガの臭いを香水でごまかすというより、ワキガと香水が混じった悪臭となるのがオチでしょう。
そのためにも、ワキガにはワキガ用の対策をしっかりとする必要があります。
今はドラッグストアーやネットなど、ワキガの予防対策グッズとして多くのデオドラント製品が販売されています。
しかし、本当にワキガにデオドラント製品は有効なのでしょうか?
CMで見た製品を使ったけど効果が無かったなんてことも、よく耳にする話です。

 

デオドラント製品の分類

デオドラント製品は、大きく分けて「制汗剤」「消臭剤」「殺菌剤」の3つに分かれます。
ひとつずつ、詳しく解説していきます。

制汗剤

制汗剤は、汗を抑える効果をもった製品です。
毛細血管の先端を収縮させて発汗を抑える成分を皮膚に塗るのが一般的です。
制汗剤は読んで字のごとく汗を抑える目的のため、ワキガの予防対策というより、多汗症対策として使用されることが多いでしょう。
ワキガ体質の人がワキガ対策として制汗剤タイプを使用した場合は、おそらく何の効果も無かったと感じることになるでしょう。

消臭剤

消臭剤タイプのものでは、主に臭いを中和するタイプと香りで臭いをごまかすタイプに分けられます。
ワキガではないエクリン汗腺の汗の臭い対策であれば良いと思いますが、ワキガの場合は簡単には中和できないでしょうし、ましてや香りでごまかせるほどヤワなニオイではありません。
場合によってはワキガと香りが混ざって、さらに強烈な悪臭を放つことにもなりかねません。

殺菌剤

ワキガにしろ本来無臭であるエクリン汗腺の汗にしろ、臭い成分をつくりだす原因は細菌ですので、細菌をすべて殺菌すれば臭いを放つことはなくなります。
多くのデオドラント製品には、ヘキシジンや過酸化亜鉛、硫酸オキシキノリンなどの薬剤は含まれており、殺菌効果があります。
一見、殺菌効果のあるデオドラント製品を使用すればワキガは解決しそうですが、一時的に殺菌された肌もやがて通常の状態に戻るため、何度も殺菌する必要があります。
一番の懸念点が、デオドラント剤でワキガ対策をされた方は皆経験があると思いますが、肌荒れを起こしやすいということです。
脇の下の肌は、肌の中でも非常に敏感でデリケートな部分ですから、毎日何度も殺菌効果のあるデオドラント剤を使い続ければ、皮膚炎や乾皮症になることが多く見受けられます。そうなると、デオドラント剤を塗るだけで痛みが走り、ニオイケアどころではなくなってしまいます。

ワキガ用のデオドラント剤は、殺菌剤にあたるものであれば効果は高くその効果の具合(効き目や持続時間など)によって価格差があるようです。
また、肌荒れを防ぐ美容成分など多く含まれたデオドラント剤であれば、使い続けても皮膚炎のリスクも小さくなりますので、毎日使用される方は出来る限り肌への負担を考えた製品を選ぶようにしましょう。

オススメのワキガケアをみる

 

 

Pocket
LINEで送る