ダイエットと疲労はニオイの原因 体デリケートゾーン臭の原因対策

ダイエットと疲労はニオイの原因

今も昔も変わらず、男性も女性もダイエットに励む方は多くいます。
炭水化物抜きダイエットや糖質制限、置き換え方法など、時代と共にさまざまなメゾットが流行しますね。
しかし、無理なダイエットや体に合っていないダイエットをしていると、カラダに大きな負担をかけるだけではなく、体臭を生み出す原因にもなります。

 

ダイエット臭の第段階 「ダイエット臭」

例えば、食事制限のみのダイエットをしていると、体内のエネルギー源である炭水化物やたんぱく質が不足し身体が飢餓状態になり、身体は身を守るために貯蔵していた中性脂肪を燃焼します。
この時の中性脂肪が臭いを放つ脂肪酸に変化し、汗などと一緒に排出されることで強い体臭(脂肪臭)を発生させるのです。
これが第一段階の「ダイエット臭」と呼ばれるものです。

ダイエット臭の第二段階 「アンモニア臭」

飢餓状態で代謝が低下した体内に、酸素が充分行き渡らないままエネルギーを生み出そうと不完全燃焼を続けると、疲労物質である乳酸が生成されます。
乳酸はアンモニアと一緒に汗に出る性質があるため、ツンとしたアンモニア臭が出るようになります。

ダイエット臭の最終段階 「ケトン臭」

通常、人間の体内ではご飯やパン、麺類などに含まれる糖質が、エネルギーとして使われます。
最近流行っている糖質制限ダイエットは、この糖質を取らずに体内の脂肪を燃焼させて痩せるというものですが、空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けることで、脂肪酸はさらにニオイの強い物質である「ケトン体」を生成するようになります。
このケトン体は、飢餓や糖尿病などで糖が不足した状態にあるとき、エネルギーとして使われるもので、肝臓で合成される物質です。
ニオイは独特の甘酸っぱいような苦いようなもので、汗や尿、口臭として臭いを放ちます。
ケトン臭は別名「飢餓臭」とも言われ、運動を取り入れない食事制限だけのダイエットを続けていると、その臭いは徐々に強くなります。

これらのダイエット臭がする場合は、ダイエットの手段が間違っていると断言できます。
食事制限だけではなく、有酸素運動などの運動を併用し、筋肉をつけて基礎代謝アップに励みましょう。
なお、ダイエット臭を防ぐには、酢やショウガ、脂肪酸を分解するマッシュルーム、体内をアルカリに近づける梅干しなどの摂取が有効です。

 

疲労からくる「疲労臭」

疲労は日々の生活のあらゆる面から蓄積されてしまいます。通勤、仕事、掃除、料理・・・など。
疲労が蓄積し体が疲れるとニオイが発生します。これが「疲労臭」です。

疲れが溜まってくると、体内には乳酸やアンモニアが蓄積され、やがて体内の老廃物や毒素を処理する肝臓で処理しきれなくなります。
処理しきれなかったアンモニアは血液をめぐり、汗と一緒に出てツンとしたアンモニア臭を発します。
逆に言えば、体や衣服からアンモニア臭がするようになったら、疲労が蓄積しているサインなのです。

疲労臭は口臭としても現れる

身体が疲れていると胃腸が弱り口臭としても現れるようになります。
また、便秘がちになると体内に毒素が溜まり、汗や呼気にもニオイが現れます。
体内に溜まった乳酸やアンモニアは、入浴でカラダを温め血流を促すことで排出できやすくなります(デトックス効果)。
疲れて帰ってきた日は特にシャワーで済まさずに、リラックスしてゆっくりと入浴をしてください。
毎日湯船に浸かることが理想ですが、忙しくて入浴の時間がもったいなくシャワーで済ませている人は、週に2~3回でも湯船に浸かるようにするだけで効果がありますので、是非試してください。

 

 

Pocket
LINEで送る