そもそも体臭の原因は何なのか? 体臭の原因対策辞典 スメルケア

いつの時代でも男性も女性も悩みを持っているものです。
その悩みで上位にいつもあるのが、体の臭い(体臭)です。
年を重ねていくごとに、体臭がきつくなってくる人が多いようです。

自分で何か臭うなぁ〜と感じた場合には、周りの人はもっと臭っているケースが多いのです。
困ったことに、自分でも分からないうちに、周りの人に体臭で迷惑をかけている場合があります。
周りの人は、相手に向かってなかなかも臭いと教えることはできませんので、ずっと自分の体臭に気付かず過ごしていることが多いのです。

気になる人は、家族や親友・友達に「私って臭う」と素直に聞いてみてもよいかもしれません。
もし自分で臭うなぁと気付いたら、体臭を改善するチャンスだと思います。

 

体臭の原因について

年齢を重ねていくと、人は男性女性にかかわらず体が臭うようになってきます。
この体の臭いが【加齢臭】というものです。
誰でも年を重ねると臭ってくるものなので、自分だけ何で臭うの?と心配する必要はありません。

その他にも汗をかきやすい人は、体臭がきつくなってくる傾向にあります。
特に夏場は汗をかきやすいので、ニオイケアをしっかりすることが大切です。

 

加齢臭の主な原因とは

歳をとると誰にでも出てくる加齢臭ですが、特に女性より男性の方が加齢臭がきついと言われています。
親父臭ってやつですね。でも、女性にも加齢臭としての体臭が出てくるのです。
加齢臭は改善できるのか?ということですが、加齢臭の主な原因としては食生活が大きく影響しています。

現代の食生活と加齢臭の関係を探ってみましょう。
本来、日本人は野菜や魚中心のとてもヘルシーな食生活をしていましたが、現代人の食生活は欧米化し始めていて、肉や脂肪が多く含まれた食事を好むようになってきました。
その結果、体の中で動物性の脂肪分が酸化して蓄積することにより、体内から加齢臭が出やすくなってきたと言えます。

男性の方が加齢臭がきつい理由は、女性と比べて喫煙を吸っている人が多い、お酒を飲む人が多い、外食が多い、女性よりも清潔にしていない、不規則な生活をしている人が多いからではないでしょうか?

 

一番におう体臭は?

体臭のなかで一番強い臭いを発するのが「ワキガ」です。
ワキガの人は、たくさん人が集まる満員電車のような密室では、とても気になってしまいますね。できるだけ脇を空けないようにしたり・・・。特に汗をかく夏場ではワキガの臭いも目立ち、また服装も軽装ということもあって、すれ違っただけでもプ~ンと臭ってしまいます。

その他にも、喫煙をしている人はタバコのにおいが体に染み付いてしまい、喫煙者は気付かないようですが洋服や髪の毛などにもタバコのにおいがついています。
何より口臭が酷く、その口臭はタバコを吸ったあとのヤニ臭ささけではなく、常に臭いのです。
また、タバコを持つ指先も非常に臭く、美容院の店員さんや服屋の店員さんなど、ちょっとしたときに手が顔の近くにくると臭うものなのですよ。

 

体臭の改善方法とは

自分の体臭は、ちゃんと気をつければ改善できます。
まず、自分がどうして体臭がきついのかという原因を知ることが、とても大事なことです。

タバコを吸っているならタバコをやめる努力をしたり、ワキガの人はこまめに汗を拭き取ったり、臭い消しスプレーなどで臭いを除去しなければなりません。
それでも気になる人や効果が見られない場合には「治療」という方法もありますが、普段からケアをしっかり行えば、自分で簡単に改善できる方法はたくさんあります。
「体臭の原因対策辞典 スメルケア」では、それぞれの臭いの悩み別に原因と改善・対策方法をご紹介します。

 

Pocket
LINEで送る