自宅で出来る便臭・オナラ臭の予防対策

誰にでも、便(ウンチ)や屁(オナラ)が臭いときがありますね。
これは、腸の機能が低下したりなどの消化不良を起こすと、腸内でうまく消化されなかった食べ物が腸内細菌によって異常発酵し、臭い物質を発生させるためです。
ここでは、自宅で出来る便臭やオナラ臭の予防対策についてご紹介いたします。

 

食事で便臭やオナラ臭を改善

腸内の細菌バランスが崩れて腸の機能が衰えると、便秘になったりオナラや便が臭くなります。
便臭やオナラ臭を改善するということは、腸内環境を改善することです。
腸内環境をよくするには、食物繊維、植物性の脂肪、水分、マグネシウム、乳酸菌を多く含む食品を多く取ることが大切です。

これらの栄養素は腸内の働きを活発にしてくれますので、毎日しっかり取るように心がけたいものです。一朝一夕で腸内環境の整備はできませんので、毎日続けることが何よりも大切です。

お手軽に続けることができるお勧めの食品は納豆です。納豆などの大豆食品には、腸管の働きを良くしてくれるのに必要なマグネシウムが含まれています。また、納豆のネバネバ成分であるポリアミンが腸内で滑り効果となって便を出しやすくしてくれます。

 

オリーブオイルは腸内環境を良くしてくれる優れもの

オリーブオイルには「オレイン酸」という不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、これが腸を活発に動かす働きを持っています。
また、オレイン酸は小腸で吸収されにくいため、大腸まで届いて排便を促してくれる効果があります。
実際にオリーブオイルの消費量が多いイタリアでは、便秘予防にオリーブオイルをスプーン1杯ほど飲んでいるほどです。
日本でもオリーブオイルは浸透し、様々な料理で使用されるようになりました。
野菜サラダにちょっとオリーブオイルをプラスするだけでも美味しくなりますし、炒め物でもサラダ油の代わりにオリーブオイルを使ってもいいでしょう。

お勧めは、生のトマトをカットして、そのままオリーブオイルをかけた食べ方です。
簡単にできることはもちろん、味もぐっと美味しくなりますよ。
トマトにはペクチンという水溶性の食物繊維が含まれていますので、オリーブオイルと合わせて排便効果や便秘解消に効果的です。
また、トマトに含まれるリコピンには大腸ガンの発生を抑える効果やダイエット効果があり、さらに血糖値の抑制や血中コレステロールを下げる効果もあるといわれています。
オリーブオイルとトマトによって腸内環境がよくなれば、便臭やオナラ臭も改善されますので、是非お試しください。

 

便臭改善の基本は水分補給

便臭や便秘を改善するには、まずは水をたくさん飲むことが基本です。
水分を多くとることで、大腸につまった便が水分を吸収して軟らかくなり、また水分を吸収した便が膨らみ腸に刺激を与えて便意を起こして排泄しやすくなります。
お勧めは、朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むことです。
胃の中に水が入って腸が刺激を受けると、排便を起こす一連の運動である「胃・結腸反射」が起こりますが、胃袋が空の状態のといに起こりやすいため、朝起きてすぐに水を飲むのが効果的なのです。

 

便臭やオナラ臭の原因は便秘

便臭やオナラ臭の原因のひとつは便秘です。
食物繊維が不足すると腸内細菌の善玉菌が減少したり、消化吸収機能が低下するなど、腸内環境が悪化して排便機能が低下し便秘となります。

便秘解消には何といっても食物繊維を多くとることですが、食物繊維を多く含む食品は、野菜、果物、大豆、海藻類、ごぼう、きのこが代表的なところでしょう。
便秘については別で詳しく扱いますので、ここでは割愛いたします。

便臭・オナラ臭対策をみる

 

 

Pocket
LINEで送る