これまでのワキガ・多汗症の手術方法

ワキガや多汗症の手術の技術は日々進歩しており、術後をより美しく、より確実でより効果を高く、そしてより簡単な方法が次々と開発されています。
「手術」と聞くとなんだか不安になり、ためらう人も多いかと思いますが、現在のワキガや多汗症の治療はかなり進歩していますので、非常に安心だといえます。
しかし、これまでの治療法で、傷跡が残ったり効果が出なかったなどの記事を読んで、ますます不安になることもあると思います。
ここでは、これまでのワキガや多汗症の手術内容について、一度整理しておきます。

 

切除法

切除法は主にワキガのニオイの原因となるアポクリン汗腺や皮脂腺、ニオイの少ないエクリン汗腺や皮膚までキレイに取り除く方法で、ワキガや脇の多汗症の治療法としては確実な方法で、最も古典的な方法です。
しかし、切り取られた皮膚を縫い合わせるため、大きな傷跡が残ってしまいます。
場合によっては、縫合によって血管や神経を圧迫し、むくみや運動障害などの後遺症を残すこともありました。
また、術後は入院が必要であったりと、決して簡単な手術ではありません。
ワキガや多汗症手術の失敗例として多くあげられているのが、この切除法と言われていて、恐ろしいといったイメージを世間に与えることになってしまったのでしょう。

 

剪除法

剪除法(せんじょほう)は、皮膚のシワに沿って4~5センチの切込みを入れ、皮膚を裏返してアポクリン汗腺を取り除く方法です。
手作業でアポクリン汗腺を一本一本取り除く作業は、高度な技術と長い時間を必要とし、回復にも時間を要して金銭的にも負担の多い治療法です。
また、剪除法ではエクリン汗腺を除去することが難しいため、多汗症の治療には向いてなく、ワキガ治療を目的としていました。
剪除法によって後遺症は出にくくなりましたが、傷跡が残ったり色素の沈着が起こることもありました。

 

皮下組織掻爬法

皮下組織掻爬法(ひかそしきそうはほう)は、皮膚の下にあるアポクリン汗腺をキューレットと呼ばれるスプーンのような器具でかき取る方法です。
剪除法に比べ傷跡も小さく済むようにはなったものの、手探りで汗腺類を取り除くため、取り残しの心配がある方法で、最近では行われることが少なくなってきたようです。

 

皮下組織削除法

皮下組織掻爬法で使用したキューレットをハサミ状に改良したもので、この手術方法によってアポクリン汗腺や多汗症の元となるエクリン汗腺も取り除くことができるようになりました。
傷跡も小さくて済みますが、一度に組織を削り取れる範囲が限られているため、何箇所も切れ目を入れる必要があり、傷跡が数箇所残ってしまうデメリットがあります。
また、術後の回復も数日間の入院が必要であったり、1週間ほどはワキを固定しておく必要があったりと、簡単な手術とはいえません。

 

皮下組織吸引法

この方法は脂肪吸引の技術を応用したもので、皮膚に数ミリの穴を開け、カニューレと呼ばれる細い管を皮下組織に挿入してアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を吸い取る方法です。
この方法により、傷跡が残る心配や入院の必要がなくなり、手術の時間も1時間程度とかなり短縮されました。
ただし、汗腺を完全に除去することが難しい方法のため、ニオイの強い方は再発するケースもありました。

 

このようにワキガや多汗症の手術は進歩し、今では早ければ30分ので手術が完了し、入院や通院の必要もなくなりました。
また、皮膚を切らずに1回の治療で半永久的な効果のある「ミラドライ」など注目の方法があり、今となっては簡単に治せる時代になったといえるでしょう。

ワキガ治療 病院・美容外科 検索 体臭の原因対策辞典 スメルケアオススメの多汗症治療病院・美容外科クリニック

 

 

 

Pocket
LINEで送る