食品を使った簡単にできるニオイケア 体臭の原因対策

 

緑茶と梅干で簡単口臭対策

口臭予防にはお茶が効果的ということはご存知でしょうか?
お茶にはカテキン、カフェイン、各種アミノ酸が含まれていて、なかでもカテキンが口臭や体臭を防ぐ効果があります。
カテキンには体内でニオイ物質が作られる過程で抑制する働きがあるうえ、抗菌作用も強いたいめ、お茶を飲むことで口の中の雑菌を抑制してくれる効果が期待できます。
また、お茶に含まれるフラボノイドにも消臭効果がありますので、食後にお茶を飲むことで口臭予防となります。

数あるお茶のなかでも、消臭効果が高い順をつければ、緑茶、ウーロン茶、紅茶の順になります。
ウーロン茶の場合は虫歯や歯周病の菌を抑える成分が含まれいるため、口臭の原因が虫歯や歯周病の場合にはウーロン茶がお勧めです。
お茶で口臭を抑制するには、飲むよりもうがいが好ましいのですが、出がらしを口の中で噛むようにして含むと、より高い効果を得ることができます。

お茶よりも口臭効果が高い食べ物は梅干しです。
梅干しには強力な殺菌作用と菌の増殖を持続的に抑制する作用があり、口臭予防以外にも、食あたりや風邪、頭痛などにも効果があります。
梅干しに含まれるクエン酸は、口の中の雑菌の繁殖を抑制し、さらに酸味で唾液の分泌を促進させるため、クエン酸と唾液のW殺菌効果は非常に強力なものになります。
毎日の朝食に、梅干しとお茶を取るようにするだけで、簡単に口臭の予防対策ができますので、是非お試しください。

 

 

リンゴを使った簡単ワキガ対策

日本人はワキガの人の割合が少ないために、ワキガの人は余計に目立って悩んでいる方が多いと思います。
このワキガ臭は「アポタンパク」と呼ばれる物質の生成を抑えることで防ぐことができることがわかってきました。
そして、アポタンパクを減らす働きを持っているのが、我々の身近にある「リンゴの繊維」なのです。リンゴの繊維はワキガだけでは無く、動脈硬化を改善させる働きもありますので、動脈硬化が進んで発しやすくなる加齢臭まで予防することができるのです。

リンゴを使ってワキガの対策をするには、残念ながら単にリンゴを食べるわけではありません。
少々面倒かも知れませんが、リンゴ1個分をすりおろして水分を切った、要はリンゴの搾りカスを布などに包んで5分ほど脇に当てます。
もうひとつは食べるというか飲んで体内から予防する方法ですが、リンゴをビンに入るように適当な大きさにカットし、酢を入れて2~3週間冷蔵庫で寝かせます。
いわゆる「リンゴ酢」ですが、水やソーダーで割っても美味しく、ドレッシングや調味料としても使えます。
酢の成分が血液をサラサラにして、高コレステロールや中性脂肪、高血圧、血糖値を下げるなどの効果もありますので、こちらも是非お試しください。

 

ヨーグルトで簡単体臭対策

腸内環境やバランスが悪くなると悪玉菌が多く発生し有害物質を作ります。
そうなるとオナラや便が臭くなり、他の体臭としても影響が及びます。
そもそも腸の中には百種類を超える常在菌がいて、ビフィズス菌などの善玉菌やウェルシュ菌などの悪玉菌が存在しています。
これら腸内の菌のバランスが崩れて善玉菌の数が減ってしまうと、悪玉菌が一気に増加し体臭を臭くしてしまいます。

腸内の善玉菌を確実に増やすには、毎日ヨーグルトを食べてビフィズス菌を直接補給するのが簡単で効果的です。
ビフィズス菌は胃の酵素によって、ほとんどが死滅してしまいますので、毎日欠かさず食べる必要があるのです。
そして、腸内の善玉菌を元気にすることが大切です。
そのためにはオリゴ糖が必要で、オリゴ糖を食べた善玉菌は活性し、悪玉菌は減少していきます。
オリゴ糖は大豆やごぼう、たまねぎ、アスパラガスといった食品に多く含まれていますので、意識して食べるようにしましょう。

次は悪玉菌を減らす方法について解説します。
悪玉菌をきれいに掃除して体外に排出するには、食物繊維が不可欠です。
食物繊維は悪玉菌が出した毒素や悪臭を吸着して、便となって排出してくれますので、効果的な体臭予防になります。
食物繊維を多く含む食品は、芋類(さつまいも・里芋など)、豆類(大豆・小豆・枝豆など)、ごぼう、たけのこ、ブロッコリー、ほうれん草、オクラ、切り干し大根などです。

 

豆乳とメカブで簡単多汗対策

多汗を防ぐためには、熱生産量の高い動物性たんぱく質、つまり肉類を控えることがまずは大切です。
栄養素が肝臓でエネルギーに変換される際に熱を生み出しますが、動物性たんぱく質は5倍もの熱量が生み出すといわれているため、多汗の原因となってしまうのです。
多汗の改善には汗腺機能を高めて、良い汗をかくようにすることが大切ですが、山芋など亜鉛を多く含む食品をとると、皮膚の知覚神経などを高めることができ、体温調節がうまく働くようになります。

また、汗のニオイの原因であるベタベタ汗を抑えるために、豆乳とメカブをとると良いでしょう。豆乳は汗腺機能をうまく調整する働きがあり、メカブは腸内のニオイを体外に排出してくれる効果があります。

 

 

 

Pocket
LINEで送る