加齢臭って何? 体臭の原因対策辞典 スメルケア

加齢臭って何?

「オヤジ臭」などと言われて、すっかり知名度が上がった加齢臭ですが、加齢臭とは読んで字のごとく年齢を重ねるにつれて発するようになる、中高年特有の体臭のことを言います。
人の体の皮膚には潤いを保つために皮脂を分泌する皮脂腺がありますが、年齢を重ねることで、この皮脂腺のなかのパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸と過酸化脂質という物質が増加します。
これらが結びつくことで酸化して、分解されて出来る物質が「ノネナール」というもので、これこそが加齢臭の元となるのです。
ノネナールが出す加齢臭に、さらに汗やその人の他の体臭が混ざり合い、強い臭いを発するようになります。

 

加齢臭は男性も女性もある!

「オヤジ臭」という言葉が取り上げられ、加齢臭は男性だけのようなものと勘違いしがちですが、加齢臭が起こる仕組みは男女共通であり、オヤジ(男性)特有のものではありません。
汗や脂肪酸が分解されることでニオイを発することから、ニオイの強弱はあるかも知れませんが、男女ともに加齢臭はあるもので、性別とは関係なくケアすべきものなのです。

女性には加齢臭が無いイメージがあるのは、男性よりも清潔であったり、臭いに対するケアが行き届いているのかも知れません。
また、女性の方が過酸化脂質をつくる活性酸素の発生が少ないため、加齢臭の元となるノネナールも少ないからともいえます。

 

加齢臭ってどんなニオイ?

加齢臭も厳密に言えば体臭になりますが、一般的な体臭は汗を原因とするものに対し、加齢臭は肪酸と過酸化脂質という物質が増加し、分解・酸化された時に生じるノネナールというニオイ物質が原因です。

体臭とは少し異なる加齢臭は一体どのような臭いなのでしょう。
例えるなら、「ロウソクのようなニオイ」「古い本のようなニオイ」「青臭いチーズのようなニオイ」「ボイルした人参のようなニオイ」「ツンとくる」「脂臭い」というようなものです。

 

加齢臭を増加させる原因とは?

加齢臭が強い人は生活習慣病になっているケースがみられます。
生活習慣病とはは、高血圧、糖尿病、脂質異常症など、主に中年期以降に発症するありふれた疾患群です。
生活習慣病の人は血管の中にコレステロールが蓄積されやすくなるのと同じで、皮脂腺にも脂肪分が増えて、加齢臭の元となるノネナールの量も多くなります。
生活習慣病になりやすい生活環境は、肉類中心の食事であったり、タバコやお酒も多い、運動不足、ストレスや疲れが溜まっているなど、いかにも体に悪そうなことばかりです。

ストレスに至っては加齢臭に直接関係があります。ストレスの強さが加齢臭に大きく影響しています。
人間はストレスを感じることで体の中に活性酸素が増加しますが、活性酸素が大量に増加すると過酸化脂質が増えます。
加齢臭の原因は脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで出来るノネナールですので、過酸化脂質が増えることで加齢臭も増えるということなのです。

増えた活性酸素を少なくするためにはビタミンCやEがお勧めです。
野菜や果物から摂取するのが好ましいですが、難しい場合はサプリメントで補うようにするといいでしょう。
また、加齢臭の原因であるノネナールを発生させにくくするためには、脂肪酸の原料となる肉類やマヨネーズ、バターなどの脂質を控えることです。

 

 

Pocket
LINEで送る