口臭の原因と対策法

口臭のさまざまな原因

口はいろいろなものの出入り口です。食べたり飲んだり、空気を吸い込んだりすることによって、さまざまなものが口から体内へ入ってきます。また、息や痰(たん)、ゲップなどは、口から体外へと出ていきます。
口は、人体で最も多くのものが出入りするところですから、どうしてもニオイが発生しやすくなります。
口臭は、唾液と大きな関係があり、唾液に含まれるリゾチームという酵素には、細菌を殺すはたらきがあります。この殺菌力が雑菌の繁殖を抑え、口臭を防いでくれています。
朝起きたとき、多かれ少なかれ、だれでも口臭がします。寝ているあいだは唾液の分泌量が少なくなり、殺菌力が低下するからです。そして、食べかすなどが分解・発酵するために、口臭が発生するのです。
お腹がすいているときや食欲がないとき、長時間神経が緊張しているとき、また生理のときにも唾液が減少するため、口臭が発生しやすくなります。また、唾液腺の疾患や、加齢による唾液の減少が原因で、口臭が強くなることもあります。
ニンニク、タバコ、お酒といった食べ物や嗜好品(しこうひん)、歯に付いた歯垢や歯石、舌の上に付着している舌苔(ぜったい)なども、口臭の原因になります。
他にも、口腔内炎症、呼吸器系の疾患、内臓の疾患、糖尿病など、病気が口臭を引き起こす場合もあります。
口臭は、健康状態を知る手がかりでもあるのです。

オススメの口臭ケアをみる

 

 

口臭を予防するための生活習慣

口臭の原因は、日々の生活の中にあります。
朝食を抜いたり、よく噛まずに食べたりしていると、唾液の分泌が悪くなり、口の中の雑菌が増殖します。
口で呼吸すると、口の中が乾きやすくなります。コーヒー、アルコール、タバコは口腔内環境を酸性化するため、雑菌が増殖しやすくなります。
夜ふかし、ストレス、エアコンのかけっぱなしは、自律神経のはたらきを乱して、唾液の分泌を悪くし、口臭の原因となるのです。
生活習慣の乱れは、糖尿病などの生活習慣病の原因にもなります。食事、嗜好品、睡眠、運動など、日々の生活を見直すことが、口臭を予防するとともに病気の予防にもつながるのです。

食事を見直して口臭予防

口臭のニ大発生源は内臓と口の中です。
胃腸や肝臓、腎臓などの内臓の機能が低下したり、糖尿病などで内臓を悪くすると、独特の口臭が発生します。
また、口の中に食べかすが付着していたり、虫歯や歯周病になると、やはり口臭の原因になります。
ニオイのもとを断つには、発生源となる内臓や口の中を健康に保つことがなにより大事になります。そのためには、食生活を見直すことと、口の中に汚れがたまらないようにしっかりと手入れをすることです。

規則正しく食事をしよう

朝食を抜く人が増えていますが、それでは口臭を予防する唾液の分泌が促進されず、健康のためにもよくありません。
毎日、朝・昼・夜、3度の食事を規則正しく取ることが大切です。そのうえで栄養を考えて、できるだけ多くの種類の食品をバランスよく取るようにします。

口をよく動かそう

口、舌をよく動かすことが、口臭を予防する唾液の分泌をよくするコツです。
食事の際には、食べ物をよく噛んで、たくさん唾液を分泌させましょう。
また、軟らかいものばかりでなく、硬いものをしっかりと噛んで食べるようにしましょう。

アルカリ性食品を多めに摂ろう

食品はアルカリ性食品と酸性食品に分けることができます。
酸性食品を多く取り、体内、口の中が酸性になると、体臭、口臭が発生しやすくなります。また、血液が酸性に傾くと、抵抗力が落ちて、体臭や口臭のもとである体の不調や病気の原因ともなります。
防臭と健康のために、アルカリ性食品を多く摂るように心がけましょう。
といっても、アルカリ性食品ばかり食べればいいというわけではなく、血液を「弱アルカリ性」に保てるように、両者をバランスよく食べることが大切です。
食べ物が体内で燃焼してエネルギーになるときには、タンパク質の中のアミノ酸が変化して、いったん酸に変わってからエネルギーとなります。この酸が多くなりすぎたとき、体に蓄えられているアルカリ性物質が出てきて、酸を中和します。
いつでもきちんと酸を中和して、健康的な弱アルカリ性の状態になるように、ふだんからアル力リ性食品を摂取しておく必要があるのです。

胃腸を整えよう

内臓に負担をかけないことも、口臭の原因となる病気の予防につながります。塩分、糖分は控え、油は良質の植物油にします。
「腹八分に医者いらず」といわれるように、食べ過ぎは胃腸を壊す原因。腹八分に抑えれば、胃腸の調子もよくなります。

就寝2時間前からは食べない

睡眠中は胃腸を休める時間です。食べ物の消化が終わる前に寝ると、胃腸に大きな負担がかかって調子が悪くなり、口臭と体臭の原因である内臓疾患に結びつきます。
食べてから寝るまでは、少なくともニ時間以上あけて胃腸を休ませましょう。

タバコは控えよう

喫煙は、口臭だけでなく、のどや肺を痛めたり、歯周病の原因にもなります。
のどや肺など、呼吸の通り道に支障があると、肉の腐ったような口臭が発生します。
タバコを控えれば、口臭は軽減します。

ウガイで口臭予防

口の中には何憶個という雑菌が生息しており、人体で最も雑菌の多い場所です。
雑菌は、食べカスをエサにして歯垢や歯石となり、虫歯、歯周病を引き起こして、口臭の原因となります。

とにかくウガイをする

口の中は温度が高いので、食後1~2時間で食べかすが発酵し、ニオイが発生します。
食後すぐに歯を磨くのが理想ですが、時間がないときには、せめてウガイだけでもしましょう。口の中をゆすいで、歯や歯間に付着した食べカスをできるだけ洗い流しておくだけでも、口臭を防ぐことにつながります。

手作りウガイ液

ティートリーの精油を使って、ウガイ液を作ります。ティートリーという常緑植物から取れる精油には、強い殺菌消毒効果があります。また、清潔感のある香りがします。
ティートリーのウガイ液でウガイをすると、食べかすや雑菌が取り除かれて、虫歯を予防したり、口臭を消す効果が期待できます。

酢をたらしたウガイ液も効果的

コップー杯の水に、酢を適量たらして、ウガイ液として使います。
酢の抗菌効果で口臭を予防します。

緑茶で口臭予防

緑茶には、ボリフェノールの一種であるカテキンやフラボノイド、ビタミン類、アミノ酸、ミネラルなど、いろいろな成分が含まれています。このうちカテキンは、緑茶の苦味のもとです。虫歯菌によってつくられる、歯を溶かす物質を抑制して虫歯を予防するうえ、強い抗菌作用があるため、口の中の雑菌を退治してくれます。また、体内で、ニオイ物質の生成に歯止めをかけるはたらきもあるといわれています。
カテキンとフラボノイドは、いずれも口臭を予防してくれるので、食後に緑茶を飲む習慣は、その作用をうまく利用した口臭予防法といえます。

お茶を飲もう

まずはお茶を飲むことで口臭を防ぎましょう。
お茶には、緑茶以外にもウーロン茶、紅茶などの種類があります。加工の仕方に違いがあるものの、もともとは同じ茶葉かりできたものです。どれにも共通して、口臭を予防するカテキンとフラボノイドが含まれています。カテキン、フラボノイドを含む量は、多い順に、緑茶、ウーロン茶、紅茶です。

お茶でウガイをしよう

お茶を飲むとカフェインで眠れなくなるという人は、ウガイをするだけでもニオイを防ぐ効果があります。また、お茶を入れたあとの茶殻を、口の中でガムを晦むように噛むのも消臭に効果的です。

梅干で口臭予防

梅干しの大きな特徴は、唾液の分泌を促進することです。唾液に含まれるリゾチームという酵素には、雑菌の繁殖を抑えて口臭を予防する力があります。また、梅干しには強い抗菌作用もあります。

朝食時に食べよう

梅干を使った口臭対策のひとつは、食べることです。特に、朝食時に食べれば、寝ているあいだに減少していた唾液の分泌が促進され、口臭予防につながります。
朝食を食べる時間がないときでも、梅干しをひとつ食べてから出かければ、じゅうぶんに防臭効果を発揮します。より効果を高めるため、一緒に緑茶を飲むのもおすすめです。また、ご飯以外に、うどんやそば、ラーメンなどの麺類に入れてもよく合います。いろいろな食べ方を工夫して、梅干しを食べる機会を増やすといいでしょう。

食べずに見る

梅干しを食べた経験がある人は、食べずに見るだけでも、脳が酸っぱさを思い出して反応し、反射的に唾液が分泌されます。
唾液さえ分泌されれば、リゾチームが口の中の雑菌を退治してくれるので、梅干しが苦手な人は、見るだけでも効果があります。

メカブと納豆で口臭予防

メカブと納豆を一緒に食べるのは、最強の組み合せといえます。メカブは、カルシウム、マグネシウムといったミネラル、アミノ酸を豊富に含んでいます。ヌルヌル成分であるフコイダンとアルギン酸(食物繊維の一種)も多く含まれており、これらが便通をよくしてくれます。また、フコイダンには肝臓の機能を強化するはたらきがあり、アルギン酸には腸のニオ イ物質を便とともに排出するはたらきがあります。
納豆も健康食品の王様です。食物繊維が便を軟らかくしたり、納豆菌が腸内環境を整えるはたらきをしてくれます。
メカブと納豆を一緒に食べることで、便秘の解消、ダイエット、肝臓の機能回復などの効果が期待できます。腸と肝臓が正常にはたらくことで、腸肝循環がうまく機能し、口臭予防につながります。

メカブ納豆を食べよう

メカブ納豆は、メカブと納豆をあえるだけで作れます。
一日50グラム(納豆1バック程度)をめやすに、一週間くらい続けて食べれば、便通の改善が期待できます。また、タ飯前に食べると、ダイエットにも有効です。

口臭に効く方法

ニンニクやニラなど、ニオイの強い食べ物を食べたあとは、自分ではあまり自覚がなくても、周囲にはかなり強烈な口臭がただよっているかもしれません。ここでは、食後に発生してしまった口臭を抑える方法を、いくつか紹介しましょう。

牛乳を飲む

ニンニクのニオイを消すには、牛乳を飲むという方法があります。牛乳は、胃に入ると、胃酸に反応してヨーグルトのような半固形状態の脂肪膜に変化します。この脂肪膜がニンニクを包み込んでくれるおかげで、胃からニンニクのニオイが上がりにくくなり、口臭が予防されるのです。

オキシドールでウガイ

殺菌消毒剤として用いられるオキシドールを使ってウガイをするのも効果があります。オキシドールは薬局などで販売されています。 このオキシドールを水で2倍に薄めたものでウガイをすると、口臭のもととなる汚れを分解して除去することができます。
このとき、汚れを分解する過程で泡が出ます。つまり、ウガイをしていて泡が出ているうちは、まだ汚れが残っているのです。
鏡で口の中をチェックしながら、泡が出なくなるまでウガイを続けましょう。

だしコンブを口に含む

1~2センチメートルくらいの大きさのだしコンブを口に含むと、唾液がどんどん分泌されます。この睡液パワーで維菌が退治され、口臭が軽滅されるのです。
だしコンブは噛み砕かずに、口の中で転がしてください。よりいっそう唾液の分泌が促進されます。
海藻類は、食べ物を消化吸収したあとの不快臭にも効果があります。

口の中を清潔にする

虫歯や歯周病も、口臭の原因となります。その虫歯や歯周病の原因となっているのが、歯垢や歯石です。
歯垢とは、食べカスをエサにして増殖した細菌の塊で、歯の表面や周りに付着しています。その歯垢が、唾泌中のカルシウムを吸着して石灰化したものが歯石です。
歯周病は、歯肉(歯茎)が炎症を起こして、血が出たり、ウミがたまったりして、やがては歯を支えている骨が溶けて歯が抜けてしまうというおそろしい病気です。ウミが原因で、強烈な口具が発生します。
また、虫歯も特有の口臭を発生させ、進行するにつれニオイは強くなります。歯周病も虫歯も、早期の治療を心がけましょう。

こまめにブラッシングしよう

口の中は日ごろのお手入れが大事です。食後にブラッシングやウガイをこまめにして、食べかすや歯垢を落としましょう。
歯垢を吸着するはたらきをもつ、「炭」の入った歯磨き粉もおすすめです。
歯垢が歯石化するとブラッシングでは落ちないため、歯医者で除去してもらうしかありません。歯の健康診断もかねて、定期的に歯医者へ通いましょう。

義歯や入れ歯もしっかり手入れをしよう

歯の治療でかぶせものや詰めものをしたり、ブリッジ(義歯の1種)をした場合、それらが古くなってすき間や穴ができると、食べかすが詰まって虫歯や歯周病の原因になります。歯医者での定期的な点検を忘れないようにしましょう。
入れ歯に歯垢が付着したり、細菌が浸透して口臭が発生することもあリます。毎日殺菌し、寝る前には必ずはずす習慣をつけることが大切です。

正しい歯磨きで口臭予防

食後に歯磨きをして、歯垢や食べカスを取り除かないと、虫歯や歯周病になりやすくなり、口臭の原因ともなります。
歯磨きをしても、歯ブラシの毛先は歯のすき間の奥までは届かないため、どうしても食べかすが残ってしまいます。
「歯間ブラシ」などを使って きれいに掃除することも大切です。

正しいブラッシング方法

歯ブラシを、エンピツを持つように親指と人差し指、中指の3本で軽く握ります。5本の指で握ると力が入りすぎて、歯や歯茎を傷つけるおそれがあります。
10分ほどかけて、隅々までブラッシングをします。ブラシが届きにくい奥歯の裏面から磨
き始めると、磨き残し対策に効果的です。また、上の歯の裏面を奥から前歯へと一本ずつていねいに磨いて、次に下の歯の裏面、上下の表面と、順序を決めて磨くのが、磨き忘れをなくすコツです。
歯と歯茎のあいだを磨くときは、歯に対して45度の角度で当てて、毛先が歯と歯茎の間に入るようにして、細かく振動させて磨きましよう。
ブラッシングをしながら、歯茎を傷つけないように気をつけましょう。

舌苔(ぜったい)をキレイにして口臭予防

鏡の前で舌を出して見てみてください。表面に白いものが付着していませんか?それは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるものです。
舌苔は、口の中の細菌や新陳代謝によってはがれた上皮細胞(体の表皮や粘膜の細胞)などが、舌の表面に付着したものです。だれにでも少なからずあり、口の中の細菌のバランスを保つ役割をしています。
この舌苔が多くなりすぎると口臭の原因となります。舌苔が増加する主な原因は、胃腸の機能の低下です。

舌の表面をやさしくこする

舌の表面を掃除するときは、ガーゼかタオル地のハンカチを指に巻いて、表面をていねいにやさしくこすります。歯ブラシで舌をゴシゴシとこするのはよくありません。
舌の表面には味覚を感知する「味蕾(みらい)」という器官があり、強くこするとその細胞を壊してしまう危険性があるからです。

キウイフルーツを舌に乗せる

キウイフルーツを食べるのも、舌苔の除去に効果があります。
キウイフルーツに豊富に含まれるアクチニンジンという酵素が、舌苔を分解・除去してくれるのです。
皮をむいて輪切りにしたキウイフルーツを舌の上に乗せて、 30秒程転がしてから食べてください。アクチニジンが舌のすみずみまで行き届き、舌苔を取る効果が高まります。

はちみつで舌苔の増加を防止

舌苔の増加を防ぐには、機能が低下した胃腸を回復させることが大切です。腸のはたらきをよくするためにオススメなのが、ヨーグルトにはちみつを加えた、はちみつヨーグルト です。はちみつのグルコン酸が、ヨーグルトの乳酸菌、ビフィズス菌と協力して、整腸の働きをしてくれます。
舌苔の掃除や口の中のケアには、はちみつレモン水でのウガイも効果的です。

お口の体操で口臭予防

気づいたら口が半開きになっていることはありませんか。口を開けるくせのある人は、知らず知らずのうちに、口で呼吸をしている可能性があります。
口で呼吸をすると、口の中が乾燥して雑薗が繁殖しやすくなります。口臭の原因にもなるため、意識して鼻で呼吸をするように習慣づけましょう。また、口の中が乾くようなら、水分でうるおすことが大切です。ただし、糖分の多いジュース類よりも、水かお茶のほうがいいでしょう。

口と鼻を動かそう

鼻呼吸をしていても、ずっと口を閉じたままでは唾液の分泌が減り、やはり雑菌が繁殖しやすくなります。それを防ぐには、口と舌を動かして唾液の分泌をよくすることです。
食事をしたり人と会話をするなどして口と舌を動かせば、唾液の分泌が促されます。
また、会話を通して良好な人間関係を築けば、ストレスの防止にもなります。

オススメの口臭ケアをみる

Pocket
LINEで送る