口腔のニオイケアの基本

食後の歯磨きが基本

口腔とは口から喉までの空洞部分をいい、要は口の中を表した言い方です。
口腔は生命維持のために、食べたり、飲んだり、息を吸ったりはいたり、また咳や痰(たん)、ゲップも口腔を通ります。
このように、人間の身体の中で最も多くのものが出入りする部分であるため、ニオイの発生も多くなり、口臭としてのケアをする必要があります。

口臭ケアは、口腔内を清潔に保つことが基本で、まずは食事後に早めに歯を磨くことが大切です。
口腔内は湿度と温度が高く、食物の残りカスは細菌の絶好のエサとなります。
食後30分もすると細菌が急激に繁殖して、発酵臭が強くなってしまいます。
もし、食後に歯磨きが出来ない場合は、水で口をすすぐだけでも効果がありますが、緑茶などのカテキンを含んだものであれば、より効果が期待できます。
可能であれば、食後30分以内に歯をみがき、殺菌効果のある薬用の口腔洗浄剤で口をすすげば、しっかりとケアができます。
歯の間に詰まった食べカスを放置していても、そこから細菌が繁殖してしまいますので、歯間ブラシなどでしっかりと取り除くようにしましょう。

 

口臭ケアには舌苔ケアが必須!

口臭ケアには舌のケアも必須です。むしろ、口臭の大きな原因は舌なのです。
舌の上にある舌苔(ぜったい)は、剝離した口腔内の細胞や食べカスなどが苔(コケ)のように堆積したもので、細菌が棲みやすく、口臭の原因となります。
薄く白色の苔は健康な人でも多少はありますが、黄色味を帯びた厚い苔は胃腸などの体調が悪いときや舌のケアを怠っているとでやすくなります。

舌苔の除去には専用のブラシも市販されていますので、簡単に落とすことができますが、歯ブラシを使って落とす場合には、強くこすらないように注意してください。
あまりに強くこすると、出血したり味覚を感知する「味蕾(みらい)」を傷付けて、味覚の感覚が弱くなったりすることがります。
また、除去した舌苔は飲み込んでしまうと胃腸炎になる可能性がありますので、うがいなどでしっかり吐き出すようにしましょう。

オススメの口臭ケアをみる

 

唾液は天然の消臭剤

生理的な口臭の原因のほとんどは、唾液の減少によるものです。これは、寝起きや空腹時、緊張時など、唾液の分泌が生理的に減少するためといわれています。
唾液に含まれる「リゾチーム」という酵素は、消化作用だけではなく殺菌作用があります。
従って、唾液によって口腔内の雑菌の繁殖を抑え、口臭を防いでくれているのです。
つまり、唾液を多く出す工夫をすることで、生理的な口臭を抑えることが可能になるわけです。
唾液を出すための口の体操や唾液腺マッサージなどがありますが、簡単で効果的な方法として、よくしゃべることです。無口になると口の中の刺激が少なくなるため、唾液の分泌が減少してしまいます。

 

虫歯と歯周病はすぐに治すこと

口臭の原因のひとつとして、虫歯や歯周病があります。
虫歯や歯周病の臭いは強烈ですので、すぐに歯医者で治療してもらいましょう。
虫歯や歯周病を予防するには、原因となる歯垢(プラーク)を放置しないことです。
歯垢は食べカスをエサに繁殖した細菌の塊りですので、歯垢を放置しておくと唾液に含まれるカルシウムを吸着して石炭化して「歯石」となってしまいます。
歯垢も歯石も臭いはありますが、虫歯や歯周病になるとさらに強い口臭となります。
歯垢を落とすためには毎日の歯磨きでしっかりブラッシングすることが何よりですが、それでも落としきることは難しいため、定期的に歯医者に除去してもらうことが必要です。
定期的に歯医者で歯をみてもらうと、虫歯が発覚しても初期段階のため、麻酔も無しに簡単に治療できることがほとんどです。

オススメの口臭ケアをみる

 

Pocket
LINEで送る