更年期の多汗とニオイの対策法

更年期に多汗になる理由

そもそも更年期とは、女性が閉経を迎える前後の数年間をいい、年齢的にはおおよそ40代半ばから50代半ばといったところでしょう。
更年期を迎えると、イライラしたり暑くもないのに汗が出たり、体臭が酷くなるという症状を訴える人が多く、他の症状としては上半身はのぼせやすいが下半身は冷える、やる気が出ない、動悸がする、なぜか不安な気持ちになるなどがあります。

これらの原因は、もともと女性ホルモンには汗腺の調整機能がありますが、更年期になると女性ホルモンの分泌が低下し、汗腺機能の調節が乱れてきます。
そうなると体温調整がうまくいかなくなって、時間や場所に関係なく、たいして体を動かしてもいないのに汗をかいてしまうのです。
また、ホルモンバランスが崩れることで、更年期特有のイライラや不安により、自律神経の調整がうまくいかなくなることで、精神性発汗を伴うともいわれています。
自律神経は血液循環や体温調節など自分の意思とは関係なく身体の機能を調整する働きを持っていて、発汗作用もそのひとつですから、自律神経が乱れる=発汗作用がおかしくなる、というメカニズムになるわけです。

 

 

更年期の多汗とニオイの原因

更年期を迎える女性から、「暑くもないのにやたらと汗が出て恥ずかしい」「頭や顔や脇の汗やが気になって仕事に集中できない」「なんだか汗の臭いが強くなった」ということをよく聞きます。
なぜ更年期になるとこのような症状が起こるのでしょう。

女性ホルモンには汗腺の調節機能がありますが、更年期になると女性ホルモンの分泌が低下してうまく体温調整ができなくなるためです。
体温調節機能が低下するとことによって、手足は冷たいのに顔だけが火照り、頭や顔から滝のような汗をかいてしまうのです。
また、女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスが乱れることから、イライラや不安などの精神状態を引き起こすことが多くなります。精神状態が不安定になると精神性発汗が多くなり、これも多汗の原因になります。
精神性発汗は、スポーツした時のような汗とは異なり、濃度が高くベタベタしていて蒸発しにくいため、さらに体温の調節がうまくいかず、いつまでも汗をかき続けるという悪循環に陥ることもあります。
しかも精神性発汗はアンモニアなどのニオイ物質を含んでいるため、汗の臭いが強くなってしまうのです。

 

 

更年期の汗がベタベタして臭い理由

一般的に多汗症といわれている人が汗をよく場所は手や足ですが、更年期の多汗の場所は手足にはほとんど無く、頭や顔、首、上半身にぐっしょりと汗をかくケースが多いです。
これは、更年期には汗腺機能の調節が乱れると同時に体温調整機能も乱れるため、手足や下半身は冷たく冷えているのに、上半身や顔や頭だけがほてってしまうためです。
なかには、ポタポタと滝のように汗をかく人もいます。

更年期の汗は、運動したときのようなサラッとした汗では無くベタベタとしています。
これは、自律神経の乱れによる精神性発汗のため、濃度が濃い汗がでることや、体温調整がうまく働かないためにいつまでも汗をかくためです。
臭いの少ないサラッとした汗とは違い、このような汗にはアンモニアなどのニオイ物質が多く含まれていますので、更年期の汗は臭いのです。

 

 

簡単に出来る更年期の汗対策

更年期の多汗は、実は対策することは難しいのです。
更年期の多汗の症状は、体温調整がうまくいかなくなって、時間や場所に関係なく、たいして体を動かしてもいないのに汗をかいてしまうため、まさに前触れもなく汗をかくということになります。
急に汗が出たとあわてたりすると余計に汗の量が増えますので、まずは落ち着いて、ゆっくり腹式呼吸をしましょう。
腹式呼吸をすると自律神経のうちの交感神経の働きがやわらぐため、多汗の症状を軽くする効果が期待できます。
また、普段から体温の調整がしやすいように、重ね着をして汗をかきだしたら一枚脱いで体温を下げ、汗が引いたらまた重ね着をするという工夫も役に立ちますので覚えておいてください。

汗の量を抑制することは難しいのですが、「良い汗」をかくように改善すれば、ニオイなども改善することができます。
良い汗をかくためには、汗をかきやすい体質に改善することです
ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動が効果的です。
運動前にしっかりと時間をかけてストレッチすることで手足の血流もよくなりますので、併せて行うことをお勧めします。

運動の次は入浴による更年期の汗対策がお勧めです。
入浴は血流がよくなって発汗を促しますので、ゆっくりと時間をかけてお湯につかるだけでも対策になります。
発汗がしにくい体質の方や、更年期による多汗症状が著しい方は、お湯にコップ1杯のお酢を入れた「酢風呂」にすると、さらに発汗を促します。お酢のニオイは、お風呂から上がる前にシャワーをすれば十分落ちます。
夏場など湯船につかりたくない場合には、洗面器に熱めのお湯を入れ、手と足をそれぞれ10分ほど浸す「手足湯」だけでも行うと効果があります。
入浴後に生姜湯を飲むとさらに効果的です。ショウガは「良い汗」をかくための食品でお勧めですので、普段から料理に取り入れるようにしましょう。
また、汗をかいたり、ほてった時には冷たいものが欲しくなりますが、あまり多く取りすぎると冷たい飲み物は血行を悪くして悪い汗を助長してしまいますので、取り過ぎないように心がけてください。

 

 

更年期の多汗症状が酷い場合

更年期に多汗になるわけ

多汗やニオイの対策をしても思うように改善できない場合や、服がぐっしょりぬれるほどの多汗で仕事や日常生活に支障をきたすような場合また多汗対策をしても効果がないなど、あまりに酷い症状の場合は、医師による治療をお勧めします。
一般的な多汗症は、形成外科やペインクリニックを受診しますが、更年期による多汗の場合は婦人科を受診します。
更年期からくる多汗はホルモンバランスの乱れが主な原因であることが多いため、ホルモン状態を検査することが必要になります。
検査の結果、ホルモンバランスの乱れによるものであれば、減少した女性ホルモンを補充したりして改善に向けますが、改善されない場合は精神性発汗の疑いがありますので、精神安定剤などの処方や精神科などを受ける必要があります。

また、最近では美容外科でボトックスなどの多汗治療があり、高い効果と即効性があります。特に脇の下の汗には非常に効果的な手段で、芸能人など多くの人が治療しています。
ボトックスは汗だけでは無くワキガにも効果的ですので、ニオイが気になる人にとっても有効な手段です。
汗をかかくなくて済むということは、あなたにとって大きな「安心感」となり、精神的な不安もやわらげるため、精神性発汗も抑制することができる現代の大きな医術です。
一刻も早く治療したい!という場合には、専門の治療病院や美容外科などで施術をすることが可能ですので、一度確認してみるといいでしょう。

オススメの多汗症治療病院・美容外科クリニック

 

 

Pocket
LINEで送る