服の臭いを落とす正しい洗濯方法

体臭は何も体から発生しているわけではありません。そのいや~な臭いは衣類から発生しているケースが多々あるのです。
基本的に体臭は、汗と皮脂を皮膚上の菌類が分解することで発生しますが、菌類のエサとなる汗や皮脂をその場にとどめている要因は衣類にあるわけです。
汗がでると衣類が吸い取り、そこで雑菌が繁殖して臭うわけです。
そのため、普段から空気にさらされている手や顔からは、臭いを感じることはそうないはずです。
また、季節で言えば、衣類を重ねて保温効果を高める冬のほうが、夏よりも臭いがきつくなります。
これは、保温効果を高めるために通気性を抑えますので、汗が長時間皮膚にとどまるため菌が繁殖しやすくなることや、夏に比べて汗をかきにくい冬では、濃いアンモニアや皮質などを含む汗をかくため、より強い臭いを発生するというわけです。
このように、体ばかりの臭いだけをケアするのではなく、服の臭いもチェックすることが本当のニオイケアといえます。

 

洗濯しても落ちない臭いの正体とは?

最近はやたらと「服に嫌な臭いが残らない」と謳った洗剤のCMを目にします。
確かにちゃんと洗ったつもりなのに着てみたら嫌な臭いがした、衣替えでタンスにしまっていた衣類がなんか臭うといった経験は一度や二度はあると思います。
実はこれは、「モラクセラ菌」という雑菌が原因なのです。
モラクセラ菌は洗濯後も衣類の繊維の奥深くに潜んで、衣類を身に着けているときもタンスの中にしまっているときも、雑巾のような嫌な臭いを発生させているのです。
モラクセラ菌が発生する主な原因は、洗濯機の中が汚れていたり、洗濯が終わってからすぐに干さずにそのままにしていたり、生乾きの状態でしまい込んだりすると、湿気によって雑菌が繁殖して衣類にしみ込んで臭いを発生させるのです。

 

 

服の臭いを落とす正しい洗濯方法

服の臭いを落とす正しい洗濯洗剤の選び方

衣類につく臭いは、自分の体臭と外からつく臭いに分けられます。
外からつく臭いは人それぞれ職場や環境によって異なり、例えば飲食店で働いている人は料理の臭いがつきやすくなり、タバコを吸う人はタバコの臭いがつくなど様々です。
同じように、自分の体臭も汗っかきの人とそうでない人では汗や皮脂の量も違いますから、それぞれのタイプに合った洗剤を使うべきでしょう。
服の臭いを落とす正しい洗濯洗剤の選び方は、一例ですが、下記を参考にしてください。

洗濯用合成洗剤

一般的な洗剤で、弱アルカリ性と中性にわけられます。
弱アルカリ性は木綿や麻素材に適していて、皮脂や油などの油性の汚れ、垢や泥汚れにも強く、繊維の奥深くに入り込んだ汚れも落とします。
中世はウールやシルクなどのデリケートな素材に適しています。汗の汚れを落とす程度で油性の汚れには除去効果は弱いとされています。

洗濯用石鹸

天然の植物性油脂を原料にした洗剤で弱アルカリ性です。
液体タイプや粉末タイプ、部分汚れ用など様々なタイプがあります。

 

服の臭いを落とすには、できるだけお湯を使う

洗濯で使用する水は、たいていの人はお湯ではなく水を使うと思います。
衣類の素材によって異なるとは思いますが、基本的には水よりもお湯と洗濯洗剤が合わさるほうが汚れなども落ちやすくなります。
通常の汗汚れであれば、洗濯機で水洗いすれば十分おちますが、皮脂汚れや垢、油汚れは洗剤の効果がより高くなる30℃~40℃程度の水温で洗濯すると、ぐんと落ちやすくなります。
何度洗濯しても落ちない汚れがある場合には、一度、お湯での洗濯を試してみるといいでしょう。

 

 

Pocket
LINEで送る