体臭の原因と対策は体内環境の見直しから!
体臭の原因は食の欧米化にあり

体臭の臭い対策として、体の内側からのケアで中心となるのは何といっても「食事」です。
食事と臭いとは密接な関係があり、日々の食事内容で体臭は大きく変わり、また、質の悪い食事では胃腸が汚れたり負担をかけることになります。
腸が汚れると質の悪い血液が作られ、その質の悪い血液が体中をめぐるため、血管自体を老化させたり臓器の働きを悪くします。
臓器の働きが衰えると免疫が低下し、免疫力が低下すると常在菌の働きも悪くなり、結果として体臭が強くなります。

さて、以前の日本人の食事は穀物や野菜を中心とした「和食」を食していましたので、体臭予防の観点からみると非常に効果的な食事をしていました。
しかし、最近では食の欧米化が進み、肉類を中心とした食生活が浸透しています。
大腸に送られた動物性のたんぱく質や脂肪は、細菌の働きによって腐敗し、アンモニアや硫化水素などの強いニオイ物質を作り出します。
そのため、食の欧米化が浸透した現代の日本人の体臭は、以前よりも強くなったといわれているのです。

 

 

便秘は体臭の原因のひとつ

体臭との関連が大きいものに、食物繊維の摂取量があります。
食物繊維は胃や腸を通過しても消化・吸収されずに大腸に移動し、大腸内の不要な水分やコレステロールなどを絡めとりながら便となって体外へ排出します。
ところが、現代の日本人の食生活は食物繊維の摂取量が少なくなったことや、消化・吸収のよい食品ばかりを食べるようになって大腸に届く食べ物のカスが少なくなり、その結果、便意が起こりづらく便秘症に悩む人が増えているのです。

便秘になると、便が長い時間、腸内にたまった状態なり、腸内で腐敗や発酵が進んでインドールやスカトール、硫化水素などの毒性物質が発生します。これらはニオイ物質の中でも特に臭いの強い物質です。
これらのニオイ物質が血液に混じって体内をグルグルとめぐりまわると、呼気から口臭として、皮膚からは汗となって排出されて体臭の原因となるのです。

 

 

体臭の原因となる食品・食材

食事による体臭対策には、大きく分けて「体臭予防食」「消臭食」の2つが考えられます。
「体臭予防食」とは、臭いを作り出す食材を避けた食生活を送ることです。例えば、ニンニクやネギがそうですね。
「消臭食」とは、文字通り体の臭いを消す食習慣です。
これらについて、詳しくみていきましょう。

体臭を予防する食品・食材 「体臭予防食」

腐敗臭を生み出す肉類

肉類などの動物性たんぱく質や脂質の取り過ぎは、腸内環境を悪くさせます。
具体的に肉類が腸内環境を悪くさせる理由は、食べてからの消化・分解に時間がかかり、長い時間、腸内に留まるという点です。
そもそも日本人は欧米人に比べて腸が長く、分解された食べ物が腸内に留まるが時間が長いという特徴がありますので、肉類は一層時間がかかり、腸内で発酵して腐敗臭を発生させてしまいます。
また、たんぱく質は体内でアミノ酸になりますが、その一部からは臭いの元となるアンモニアが生成されます。
さらにいえば、消化のために臓器の活動が活発になると体温が上昇し、発汗が起って体臭を強くする原因となります。
肉類はこれだけ体臭の原因となる要素が多い食品ですので、なるべく控えるように心がけましょう。
食べるときは、なるべく早く体外へ排出させるために、食物繊維を多く含んだ食材と一緒に摂る様にしましょう。

体を冷やす食材は臭いの原因になります。

特に夏の時期には冷たいものを多く食べてしまいがちになりますね。
冷たいものばかり食べて体が冷えてしまうと、常在菌の活動が鈍ります。常在菌は体表面で35℃以下、体内で36℃以下になると弱まってしまうといわれています。
常在菌の活動が弱まると、腸内など体のセルフケアが不十分になり体臭が強くなるのです。
健康のためにと野菜をしっかりと摂っていても、冷たい料理ばかりでは体は冷える一方ですので、温かい料理も一緒に食べるように心がけましょう。

ご飯(お米)も体臭の原因に!

日本人なら誰もが食べるお米。しかし、白米を食べ過ぎることで体臭の原因となることがあります。
お米をはじめ、小麦などの炭水化物や精白された食品は、乳酸や酢酸などの疲労物質を発生させ、すると体内で活性酸素が大量に発生し、脂肪が酸化します。こうして生じた過酸化脂質が皮脂腺に詰まると悪臭が発生するのです。
また、お米やパンなどの炭水化物をよく噛まないで食べると腸内腐敗が起きて臭いの原因となりますので、よく噛んで食べる習慣をつけましょう。

油分の多い食品は体臭の原因になります。

油分の多い食事ばかりしていると、血中の油濃度がたかくなり、血液に溶け込んだ油は全身に運ばれて毛細血管を介して皮膚の表面から分泌されるように、その結果として皮脂の分泌量を増やして臭いの原因となります。
また、スナック菓子やインスタントラーメンなどに使われている油の多くは酸化している場合が多く、腸の中の悪い菌を優勢にしてしまい体臭の原因となることがあります。

 

体臭を消す食品・食材 「消臭食」

野菜を食べて抗酸化物質を撃退!

人間の体は日々、酸化しています。酸化するということは、老化するということですが、同時に酸化が進むと体臭や加齢臭の原因となります。
人体は呼吸によって酸素を取り込みますが、一部の酸素が活性酸素に変化すると細胞などを傷つけて酸化を加速させてしまいます。
通常であれば活性酸素は体が持っている抗酸化物質によって中和されるのですが、ストレスやタバコなどによって大量に発生した場合は、体内の抗酸化物質だけでは処理しきれなくなります。
そのため、食事から抗酸化物質を含むビタミンA、C、Eを摂り、補う必要があるのです。

ビタミンA、C、Eを多く含む野菜

【ビタミンA】ブロッコリー、ほうれん草、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜
【ビタミンC】ピーマン、キャベツ、菜の花、カリフラワーなど
【ビタミンE】ニラ、パセリ、しそ、ピーナッツなど

 

発酵食品で善玉菌を増やして臭いを消す!

発酵食品と言えば、しょうゆ、味噌、納豆、漬物、酢などがありますが、これら発酵食品も消臭に有効な食品です。
腸内の腐敗物質を燃焼させて善玉菌を増やし、全身の代謝をよくする効果があります。
納豆に含まれる納豆菌は、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸の活動を活発にする働きがあります。
また、味噌やしょうゆ、納豆の原料である大豆には、大豆イソフラボンが含まれていて、自律神経を整える機能や発汗を抑える効果があります。

食物繊維で体臭を消す!

便が臭うのはみなさんご存知のことですが、これは腸内でも同じことです。
便が腸内にたまると腐敗が進み、毒性物質を発生させます。毒性物質は便臭とは厳密には異なりますが、嫌な臭いが呼気や汗から排出されるようになります。
便秘症になると体臭が強くなりますので、食物繊維をたくさんとって排出を促すようにしましょう。
食物繊維を多く含む食材は、ごぼうなどの根菜類、イモ類、きのこ類が代表的です。
また、乾燥ひじきや高野豆腐、切り干し大根などの乾物にも多く含まれていますので、毎日の食事に含めるようにしましょう。

善玉菌を増やして体臭を消す!

私たちの腸内には100兆個もの腸内細菌が潜んでおり、菌たちはよい働きをする善玉菌と悪い働きをする悪玉菌に分けられます。
腸は体の中で最大の免疫機能を持つ臓器のひとつですので、腸内環境を良くして善玉菌を増やすことで悪玉菌を追い出し、免疫力を高めることができます。
食品で善玉菌を増やす方法は、ヨーグルトなどの乳製品やオリゴ糖があげられます。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内のビフィズス菌や乳酸菌のエサとなり善玉菌を増殖させます。
また、オリゴ糖は腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり増殖を促進します。
ヨーグルトなどで乳酸菌を摂る場合の注意点ですが、空腹時に食べるとせっかくの乳酸菌が胃液に溶かされてしまいますので、食後に摂るようにしましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る