多汗症とは?

多汗症と汗っかきの違いとは

汗っかきの人は多汗症なのか、違いは何なのかと迷ってしまいますが、多汗症と汗っかきの違いを区別するのは実は簡単ではなく、専門医でないと見分けることができないほどです。
わかりやすく区別するとすれば、汗っかきの人は、食事や外気温の変化、運動などによって上昇する体温を敏感に反応し、体温を抑えるために分泌する汗を大量にかくことをいいます。
一方で多汗症は体温調節の必要がないのに大量の汗をかいてしまう症状ですので、運動や食事をしたわけでもないのに大量の汗をかいてしまいます。
しかし、多汗症は多くの汗が流れること以外、これといった厳密な定義があるわけではありません。
多汗症は症状の現れる部分によって、大きく2つにわけられますので、それぞれ解説していきます。

 

 

全身性多汗症

胸部や腹部、背中、大腿部など、全身から大量の汗をかく症状は、全身性多汗症を疑いましょう。
全身性多汗症は、急性リウマチやバセドー病、結核、更年期障害などの病気が原因で、ホルモンバランスを崩しているケースなどが想定されます。
生まれつきの体質であるケースもあるかも知れませんが、急に全身から発汗するようになった場合は、素人判断はせず、すぐに皮膚科などの専門医に相談してください。

 

 

局所性多汗症

こちらは読んで字の如く、局所的な多汗症の症状です。
脇の下、手の平、足の裏、頭部、顔などの局所に大量の汗をかく多汗症です。
多汗症で悩んでいる多くの方は、この局所性多汗症になります。
局所性多汗症の原因は、ストレスや精神的な動揺などから引き起こるケースが多いです。
例えば、大勢の前で発言をするなど、極度の緊張で汗が出るような場合も、この局所性多汗症になります。
ワキガの人の場合は、脇に汗をかいていることがさらにパニックを生み出し、発汗を促してしまうケースや、ニオイを気にしすぎて局所性多汗症になるケースもあります。

局所性多汗症は、汗をか部分によって、さらに細かく分類されていますので、それぞれ詳しく解説していきます。

腋窩多汗症

「腋窩(えきか)」は脇の下を指しますので、「腋窩多汗症」とは脇の下に大量の汗をかく多症状をいいます。
この症状でよくある悩みが、脇汗が酷く、すぐにシャツの脇部分が濡れて格好が悪く恥ずかしいというものです。
夏など暑い季節では、知らない間に脇の下が汗でびっしょり濡れているという経験は少なからずあると思いますが、夏だから仕方ないという、なんとなく諦めがつくかもしれません。しかし、これが腋窩多汗症になると季節に関係なく症状が現れることもありますので、余計に恥ずかしくてたまらなくなりますね。
ひとつ救いがあるとすれば、腋窩多汗症については現在では完全な治療が可能ですので、悲観的になることはありません。

オススメの多汗症治療病院・美容外科クリニック

 

手掌多汗症

「手掌(しゅしょう)」とは手の平のことで、手の平に大量の汗をかく多汗症をいいます。
たかが手の平と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、実際には深刻な症状なのです。
手掌多汗症の場合は、さまざまな場面で大量の汗が出てしまいますので、仕事では書類が汗でにじんでしまったり、異性と手を繋ぐこともできなくなるほどで、仕事や生活にも支障が出るほどの症状なのです。
自分の汗がついてしまうことを恐れるあまり、何も触れなくなるなってしまうケースもあるのです。

オススメの多汗症ケアをみる

 

 

多汗症とワキガの併発

腋窩多汗症になるとワキガになるかというと、そうではありません。
これらはまったくの別物ですが、多汗症とワキガを併発しているケースも少なくはありません。
多汗症は気にしすぎることが誘引となることを触れましたが、脇の汗やワキガのニオイが気になって腋窩多汗症を発症する場合があります。
多汗症とワキガが併発した場合、大量の汗がニオイの原因物質をあちこちに広げてしまう可能性があるため、全身から強いニオイが発生することになる場合もあるのです。
この場合は、精神的にもかなり辛く、社会的な生活にも支障が出ると考えられますので、すぐにクリニックなどで治療を受けることをお勧めします。

オススメの多汗症治療病院・美容外科クリニック

 

 

Pocket
LINEで送る