ワキガの原因と徹底対策法

ワキのニオイに悩む人がたくさんいます。その多くが、自分をワキガ体質だと思い込んでいます。ところが、欧米では70~90パーセントの人がワキガ体質とされているのに対し、日本では10~15パーセントくらいしかいません。
日本人は清潔志向が高いため、本当はさほど強くにおっていない普通の汗のニオイでも、ワキガだと勘違いする人が多いのでしょう。
ワキガの場合は臭いは独特でとても嫌なニオイがします。残り香のように、ワキガの人が通ったあとでも臭うこともありますね。
やはりワキガの場合は、誰にも気付かれないように、徹底した予防対策をしたいものです。

 

ワキガの原因

汗を出す汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。エクリン腺は全身にたくさんありますが、アポクリン腺は、脇の下、へその周り、性器、肛門の周辺など、体の一部にだけ分布しています。
アポクリン腺から出る汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、やや粘り気があります。栄養分が多いため、人の皮膚に存在する常在菌が繁殖しやすく、これが発酵するときに出るニオイがワキガとなるのです。
アポクリン腺の汗と、皮脂腺から出た皮脂が、皮膚の細菌に分解・酸化されて、独特のニオイが発生するという説もあります。また、ワキ毛がニオイを発散する役割を担っているともいわれています。

 

自分でできるワキガ予防法

ワキガのニオイ発生のメカニズムは、さまざまな研究を通して次第に解明されてきました。
なかでも、アポタンパクの生成を抑えれば、ワキガを防ぐことができるとの報告は、大きな注目を集めました。
アポタンパクとは、体内の脂質の代謝に関係するタンパク質の一種です。そして、このアポタンパクを減らすのに効果があるとされているのが、私たちが日ごろからよく口にしているリンゴに含まれる繊維質です。そこで、ワキガを改善したい人には、「すりリンゴ湿布」をおすすめします。

すりリンゴ湿布

すりリンゴ湿布を、ワキに5分くらいはさみます。
寝る前に行うといいでしょう。湿布をしたあとは、そのまま洗い流さずに就寝してください。
なお、すりリンゴはすぐに酸化して傷んでしまいますので保存はできません。
その都度、必要な量だけリンゴをすりおろして、湿布を作るようにしましょう。

リンゴ酢を飲んでワキガ予防

リンゴは、食べたり飲んだり、体内に摂取すると、ワキガに効くことがわかっています。ここでは、より高い効果が期待できる「リンゴ酢」をご紹介しておきます。
「すりリンゴ湿布」と「リンゴ酢」の摂取を続ければ、ワキガのニオイは少しずつ軽減していくでしょう。
さわやかな甘酸っぱさがひろがるリンゴ酢は、飲むだけでなく、ドレッシングとしてサラダにかけたり、酢の物に使ってもいいでしょう。リンゴの実を取り出して食べることもで きます。
ヘルシーで、ワキガ抑制に効果があるだけでなく、おいしいところがリンゴ酢のよいところです。

【リンゴ酢の作り方】
1. リンゴ1個を皮がついたまま1センチ角に切り、種は取り除きます。
2. 広口のビンに、切ったリンゴと酢500ミリリットルと入れます。
3. 日の当たらない涼しい場所で、3~4週間保存します。
4. 酢が茶色になってきたら出来上がり。
5. 水やお湯で2倍程度に割り、1日コップ1杯を目安に飲みます。

リンゴとレモンの消臭スプレー

リンゴの繊維質には、ワキガの原因であるアポタンパクを減らすはたらき、レモンの果汁には皮膚の雑菌を抑える作用、ミョウバンには制汗剤としての効果があります。
これら3つの効果を組み合わせることで、消臭効果を発揮します。
消臭スプレーは、家庭で簡単に作ることができます。自然素材だけで作るので、安心して使えるのが利点です。

【リンゴとレモンの消臭スプレーの作り方】
1. レモン1個分の果汁を絞ってボウルに入れます。
2. 「1」のボウルに皮をむいたリンゴ1個をすりおろして入れ、ガーゼで絞ります。
3. 絞り汁にミョウバン小さじ1杯を入れてかき混ぜます。
4. スプレー容器に入れて出来があり。

【リンゴとレモンの消臭スプレーの使い方】
1. お風呂上りに両脇の下にスプレーして塗りこみます。
2. スプレーした液のニオイが気になるようなら、10分後に洗い流します。
3. スプレー液は密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。1~2週間で使い切るようにしましょう。

酢湿布でワキガ予防

酢には、体臭のもととなるアンモニア臭を抑え、体臭を健康的で心地よいニオイに変えてくれる効果があります。また、スーパーや薬局で売られているミョウバンにも、ニオイのもととなる雑菌の繁殖を抑える力や、汗腺をふさいで汗を抑えるはたらきがあります。
酢とミョウバンをあわせて用いることで、より高い消臭効果が期待できます。
リンゴ酢、焼きミョウバン、レモン、塩を使った酢湿布も、ニオイを抑える対果があります。レモンに含まれるビタミンCの抗酸化作用も、汗とニオイをしっかりと抑えるのに役立ちます。また塩には、酢の作用を強める効果があります。

オススメのワキガケアをみる

 

 

 

重曹を使って防臭

ふくらし粉として用いられる重曹は、胃薬としても使用されてきました。重曹は弱アルカリ性の性質があり、胃酸を中和してくれるからです。
この重曹の中和作用は、体臭予防にも効果を発揮します。ニオイのもととなる成分には、酢酸や酪酸といった酸性を示すものが多いので、アルカリ性の重曹が酸性物質を中和することで、ニオイがなくなるのです。
皮膚表面の維菌は酸性に弱いため、酢水など酸性のもので繁殖を抑えることができます。また、逆にアルカリ性が強い場合でも維菌は繁殖しにくいので、アルカリ性の重曹を使えばニオイを抑えることができます。
重曹には殺菌作用もあり、皮膚についた雑菌の繁殖を抑えるのに効果的です。

重曹をぬる、スブレーする

使い方は簡単。重曹を直接ワキにぬるだけです。あるいは重曹液を作ってスプレー容器に入れ、消臭スプレーとしてワキに吹きかけるのもオススメです。

重曹をお風呂に入れる

さらに効果的なのが、お風呂に重曹を入れるという方法。重曹を一握り程度、入浴剤代わりにお湯に入れてみましょう。体臭の原因である酸性物質やアルカリ性物質を消し取り、ニオイのない体に近づけてくれます。

重曹石けんを使う

市販の重曹石けんでワキを洗うのも効果的です。重曹は粒子が細かくやわらかい結晶なので、スクラブのようにはたらき、皮膚の汚れをしっかりと取り除いてくれます。

パセリでワキガ予防

肉類を多く食べると、動物性脂肪や動物性タンパク質をたくさん摂取することになります。
これらは、アポクリン腺のはたらきを活発にする性質があります。
ニオイを引き起こす原因と考えられているのは、アポクリン腺から分泌される、脂肪を含んだ汗や、皮脂腺から分泌される脂肪酸です。つまり、肉をたくさん食べれば食べるほど、体臭を出しやすい体になっていくということです。
ニオイを出しにくい体になるためには、毎日の食生活を見直していくことが大切です。食事の内容を改善すれば、体臭が軽減される可能性が高まります。

パセリの消臭効果

食事のとき、消臭効果を発揮してくれる食べ物を摂れば、より効果的です。消臭効果の高い食材としては、パセリがあげられます。パセリには、クロロフィルという成分が含まれており、これには強い消臭作用があります。さらに、殺菌作用や抗菌作用、防臭作用をもつフラボノイドも含まれているため、ワキガや体臭が気になる人にはピッタリの野菜なのです。

パセリの粉末を食事に加えよう

苦味のあるパセリは、そのままだと食べにくいという人も多いと思います。そこで、パセリを粉末にして使うことをオススメします。
これを料理に加えたり、何かのソースと混ぜ合わせるなど、お好みに合わせて自由に使ってください。パセリを食べ続けることが、ニオイの撃退につながります。

酢の殺菌力でニオイを撃退

不快なニオイの軽減には、酢が最適です。酢を摂取すると、エネルギー代謝が円滑になり、疲労物質の乳酸の生成が抑えられ、体臭が軽減されます。
酢には、過酸化脂質の生成を抑える作用もあります。
酢に含まれるクエン酸には、雑菌の活動を抑える作用があります。酢を入れたお風呂に入れば、皮膚の表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぐことができます。さらに、クエン酸が汗腺から吸収されると、アンモニアと乳酸の生成が抑えられ、汗のニオイを解消できます。
酢は、毎日適度に飲み続けることで効果が表れます。黒酢や醸造酢など何でもかまいませんが、飲みやすいリンゴ酢をオススメします。2倍程度に薄めたものを、1日にコップ1杯くらいのペースで飲めば長続きします。
また、酢を入れたお風呂に入れば、ワキのニオイはもちろん、体全体の汗くささを防ぐことができます。使う酢は、醸造酢か黒酢がいいでしょう。
醸造酢なら、180リットルのお湯に対してコップ1杯、黒酢ならおちょこー杯でじゅうぶんです。
湯船につかっている間は、酢のニオイが気になるかもしれませんが、シャワーで洗い流せばニオイは残りません。このお風呂を一週間も続ければ、不快な汗のニオイがしなくなっていきます。

オススメのワキガケアをみる

 

 

Pocket
LINEで送る