そもそもワキガとは? 体臭の原因対策辞典 スメルケア

そもそもワキガとは?

体臭に敏感な日本人。 「ワキガ」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
人間には体臭があるのは当たり前のことで、なんと黒人では100%、欧米人は70~90%の割合の人が「ワキガ体質」というのですから、日本人は気にしすぎているのかも知れません。しかしながら、日本人でのワキガ体質の割合は10~15%と言われていますので、比率が少ないからこそ逆に目立ってしまい気にするのかも知れません。

そもそも「ワキガ」とは、正式には「臭汗症(しゅうかんしょう)」あるいは「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれ、脇から嫌な臭いを放つ症状を言います。
特に人にうつるものでもなければ、身体や健康面に悪影響を与えているものでもありません。

では何故、脇(ワキ)から嫌な臭いがでるのか。
ワキには、アポクリン線とエクリン腺という汗を分泌する2つの汗腺があって、臭いの原因になっているのは、アポクリン腺から出た汗と皮脂腺からの皮脂が、皮膚表面の細菌に分解されて、酸化し、独特の臭いとなるためです。

 

 

ワキガの原因

ワキガの原因 体臭の原因対策辞典 スメルケア

「ワキガ」の原因は、主に汗の成分と密接に関係しています。
汗には、その成分のほとんどを占める水分の他に、ミネラル成分や(カリウムやナトリウムなど)、有機成分(尿酸や乳酸)が含まれています。また、微量の金属(鉄など)が含まれている場合もあり、ベタベタ感がある場合もあります。

体臭や「ワキガ」の臭いは、汗に含まれるこのミネラル成分や有機成分が原因です。
水分は蒸発してもミネラル成分や有機成分は蒸発しないため、これらを養分に雑菌が繁殖します。
その結果、「ワキガ」の原因になってしまうのです。

汗の2つの汗腺 エクリン腺アとポクリン線

汗は体の表面にある汗腺から出てくるので、汗をみると水玉模様になっている部分が汗腺です。
汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺があり、この2つは分布する場所や汗の臭いに違いがあります。

エクリン腺

エクリン腺は、全身にあって肉眼では見えないとても小さな汗腺になります。
エクリン腺からでる汗は、水分が99%なのでサラッとしていて、ほとんどと言っていいほど臭いはありません。
残り1%に尿素や塩分、アンモニア成分が混ざっています。
エクリンの汗をかいた時は、皮膚の表面が酸性になっていて、皮膚上の菌が繁殖しにくいので臭いも抑えられます。

アポクリン腺

一方アポクリン腺はというと、分布としては脇の下やおへそ周り、耳の後ろ側、乳首の乳輪や性器、肛門の周りの特定の部分にしかありません。毛穴と出口を共有している大きな汗腺になります。
人間の成長とともにこの汗腺は変化するので、子供の時は少なくて成人になれば多くなり、老人になれば少なくなるというサイクルがあります。
特に思春期には5ミリぐらいの大きさになり、そこからアンモニア、脂質、糖質、タンパク質などを含んだ粘り気のある汗が出ます。
アポクリン腺からの汗は、栄養分が含まれていて、ほぼ塩分を含んでいないので、菌が繁殖しやすくその発酵臭がワキガの臭いとなります。

皮脂腺

エクリン腺とアポクリン腺の2つの汗腺を説明しましたが、実はもう一つ全身の皮膚に分布している腺組織があります。
皮脂腺と呼ばれていて、役割としては皮膚を柔らかく潤滑に保たせています。
皮脂腺からは汗は直接出ませんが、分泌物の油脂成分が出ると汗の臭いが強くなります。皮脂腺は、動物性脂肪を多く摂取するとそれに刺激されて動きが活発になります。
特に注意したいのが、ワキガ体質の人です。ワキガ体質の人が、動物性脂肪をとりすぎると皮脂腺からの分泌量が増えて、アポクリン腺とエクリン腺を発達させて、臭いを強くします。体臭やワキガが気になる人は、動物性脂肪の過剰摂取に特に注意しましょう。

 

 

あなたもワキガかも!?簡単チェック法

自分の体臭が「ワキガ」なのではないか悩む方は多いのですが、それが思い込みである場合もしばしば。
そこで、簡単にできるチェック法で、自分の体臭が本当に「ワキガ」なのかどうかチェックしてみましょう。

「ワキガ」の特徴は、主に6つ挙げられます。
これらに多く当てはまり、かつ自分の体臭が気になったら、ワキガ体質である可能性が高いといえます。

1.下着やシャツの脇の部分に黄色いシミが付く
アポクリン腺からでる汗は黄色や茶色味があるので、白い下着を繰り返し長く着用していると汗シミで黄ばむことがあります。
毎日着用する下着やシャツの脇の部分が黄色く変色していませんか?

2.耳垢が湿っぽい
耳垢が乾燥タイプではなく、ネバネバとキャラメル状のような湿ったタイプをアメ耳といい、外耳道のアポクリン腺の働きが活発な人に見受けられます。
このような耳垢の症状の場合はかなりの確立でワキガ体質で、強いワキガ体質の人はほぼ100%の確立でアメ耳です。

3.ワキ毛が多い・太い
ワキ毛が多ければ毛根も多いため、アポクリン腺の数も多い多い傾向にあります。

4.両親や肉親が「ワキガ」体質
ワキガの3割程度は、遺伝による影響があると言われています。
両親のどちらかや、祖父母のどちらかにワキガ体質の人がいれば、遺伝の影響を受けている可能性があります。

5.暑い季節でなくともよく汗をかく
アポクリン腺の数が多く、また働きが活発であれば汗の量も増えます。汗に粘り気ある場合もワキガ傾向にあります。

6.肉食中心の食生活
動物性脂肪(肉類や乳製品など)は、アポクリン腺や皮脂腺の働きを活発にさせると言われています。

 

 

Pocket
LINEで送る